Category
Archives
Cocotiie
2006年:Web制作に関する覚書きブログをはじめる。

2018年:Cocotiie(ココッティー)・・・ここちいい(笑)として運営開始。

2021年:インバウンド業界は復活の目途が立たず失業の危機!現実逃避でブログをSwellでリニューアル。

Trial And Errorの精神で勉強中です。少しでも誰かの助けになれれば嬉しいです。宜しくお願い致します。
テーマをSWELLにしてリニューアルしましたSWELLについて

[WordPress] 本番サーバーからローカル 簡単引っ越し

プラグインを使って簡単に既存のサイトをローカルにデータを移植、又はローカルからサーバーへ引っ越しする方法をシェアします。今回は、ローカル環境の構築にLOCALを利用しています。主に「All-in-One WP Migrationプラグイン」の使い方についてのご紹介です。思いの外簡単だったのでお勧めです!

INDEX

Localの準備

WordPressサイトを作り、日本語化する所まで作業します。

インストールし、有効化します。

Hostサーバー(本番)からエクスポートする

同じく公開中の本番サイトにログインし、All-in-One WP Migrationプラグイン をインストールし、有効化します。

メニューから「エクスポート」へ進みます。

All-in-One WP Migration

データサイズが多き過ぎると、インポート出来ないので、必要最小限のデータに絞り、画像やプラグインはFTPで移動させる事にします。
[高度なオプション]から不要な物を選択します。

All-in-One WP Migration

何処に出力するか選択します。クラウドなど選択できますが、PC上で使用したいので「ファイル」を選択します。

All-in-One WP Migration
All-in-One WP Migration


任意の場所に拡張子.wpressデータを保存します。

Localにインポートする

Localで作成したサイトの管理画面から、今度は「インポート」を選択します。

Local インポート

先ほどエクスポートした.wpressファイルを選択します。サイトのサイズによっては結構時間がかかります。

注意のダイアログが表示されます。「データベース、テーマなどいろいろ上書きしますけど。」という警告です。いや、そうして欲しいんだってば![PROCEED]をクリックします。

Local インポート
Finish

FTPでデータ移動

インポートしていないデータをFTPでコピーします。
ローカル側: ユーザー/ Local Site / 入力したサイト名 / app / public / wp-content /の中にサーバー内の wp-content /[plugin]と[uploads]の中身をコピーします。

ローカル側の設定

ロカール側の管理画面にログインし、プラグインを有効化します。

サイトを確認し、白画面、リンク先がおかしい。ページが無いと言われるなど、
問題があれば[wordpress]ローカルからサーバー 移植後のトラブル の、回避策:1 パーマリンクの変更で大抵直ります。

終わったら、プラグインを削除してもOKです。

よかったらシェアお願いします

コメント

コメントする

INDEX
閉じる