[wordpress]初心者でも出来る! カスタマイズの手順 基本編

wordpress カスタマイズ

WordPressを使っているうちに、初心者なりに自分っぽくwordpressのカスタマイズをしてみたいと思うようになってきませんか?テーマによっては、[外観] → [カスタマイズ]から少しは自分っぽく出来ますが、物足りなくなってきますよね?

最低限、少しのPHPとCSS、htmlが理解できていないと難しいのですが、私も得意ではありません。でも、やっていくうちに覚えてくるので Trial and Errorでやってみましょう!

WordPressのカスタマイズの考え方

初心者が、一から構築するのは難しいので 既存のテーマをベースに上書きしてカスタマイズします。 CSSは読み込みが後の記述が優先されます。なので、後から読み込むCSSファイルにカスタム事項を書けば そちらが優先される。と言う訳です。

テンプレートを改造したい場合も、同じく元々のテーマは触らずに、ファイルの読み込み順を利用します。

なぜ、元のファイルを修正してはいけないのでしょうか?いけない事はありませんが、テーマは更新される事があります。せっかく書き換えたのに、更新すると上書きされてしまいます。カスタマイズしたファイルと分ける事で、更新されても残す事ができます。

WordPressのカスタマイズの手順

カスタマイズは、インターネット上では行わず、ローカル環境(自身のPCの中のデータベース)で行い、完成後にインターネット上に移植します。

WordPressのカスタマイズの準備

ローカル環境を構築します。私の場合はXAMPPを使っています。

WordPressのテーマを選ぶ

上記で環境が整ったら、ベースにしたいテーマを決めます。
思いっきりカスタマイズをするなら、シンプルな物をお勧めします。Bootstrapをベースにしているテーマの場合、初心者には扱いやすいかもしれません。

「[wordpress]カスタマイズしやすい日本語テーマ」 で3種紹介しています。ただ、Habakiriは細部まで拘ったカスタマイズが可能ですが、初心者には逆に難しいかもしれません。

自分でイメージにあったテーマを探すには、[外観] → [テーマ]をクリックし[新規追加]で一覧を表示させます。

wordpress カスタマイズ wordpress カスタマイズ

リストの中から好みにあったテーマを探します。それぞれにレビューや★の数が掲載されています。どれくらいの支持があるのか、どれくらいの歴史があるのがを確認して、少しでも問題がなさそうなテーマを選ぶ様にしているので、私の場合は「人気」の中から選んでいます。

このブログは、Bootstrap Starter というカスタマイズを前提としたテーマを使っています。

選んだテーマから子テーマ(カスタマイズ用の複製?みたいな)を作るのですが、あまり凝った動きがあるテーマは子テーマ作成が大変な場合があるので、注意して下さい。

wordpress カスタマイズ

テーマを選んで、インストールして「有効」にします。

有効にしたテーマは、xampp / htdocs / フォルダ名 / wp-content / themes の中にあります。

ローカル環境

カスタマイズ用の子テーマを作成する

先程、有効にしたテーマを直接カスタマイズしてしまうと、アップデートした際に上書きされて、せっかくカスタマイズしたのに、全て元に戻ってしまいます。カスタマイズ用の子テーマを作る必要があります。

初心者は子テーマを簡単に作れるプラグインを使って、手短に済ませてしまうのが 絶対におススメです。
[wordpress]簡単!子テーマ作成 Child Theme Configurator この記事を参考にしてみて下さい。

[wordpress]初心者でも出来る カスタマイズ 実践編(仮)へ続く

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください