Category
Archives
Cocotiie
2006年:Web制作に関する覚書きブログをはじめる。

2018年:Cocotiie(ココッティー)・・・ここちいい(笑)として運営開始。

2021年:インバウンド業界は復活の目途が立たず失業の危機!現実逃避でブログをSwellでリニューアル。

Trial And Errorの精神で勉強中です。少しでも誰かの助けになれれば嬉しいです。宜しくお願い致します。
テーマをSWELLにしてリニューアルしましたSWELLについて

[WordPress]簡単!子テーマ作成 Child Theme Configurator

そもそも子テーマって必要?テーマを書き換えれば良いのでは?と思われるかもしれませんが、親テーマは更新される事があります。せっかく書き換えたのに、更新すると上書きされてしまいます。でも更新しないのは問題です。更新されても、カスタマイズした部分を残す為に子テーマで書き換える必要があります。

wordpressのカスタマイズに不可欠な子テーマ(child theme)。Childテーマを配布している場合もありますが、自分で作るとなるとちょっと面倒です。簡単作成してくれるプラグインをご紹介します。初心者は結構手こずる前に、プラグインの利用をお勧めします。あっと言う間ですよ!

基本的には2つのファイルで構成されています。
style.css と functions.php このファイルに記述してカスタマイズをする事になります。

ちょっと難しい詳細は WordPress Codex 日本語版 でご確認下さい。

INDEX

インストールする

プラグインの設定方法は、「[wordpress]基礎編 プラグインをインストールする」 この記事を参考にして下さい。

プラグインの検索からインストールし、「有効」にして下さい。

基本設定

設定画面はツールの中です。

子テーマ

「Parent Child」タブを開き、1:一番上の「CREATE a new Child Theme」を選択します。

2:子テーマを作りたい親テーマを選択します。

子テーマ 設定

他を選ぶ必要はあまり無いと思いますが、全部で4種あります。

  1. 新しい子テーマを作成
  2. 今ある子テーマを設定
  3. 今ある子テーマを複製
  4. 今ある子テーマをリセット

詳細な設定

初心者であれば、特に設定する必要は無いと思いますが、他のファイルのコピー等、細かい設定が出来ます。

Child Theme Configurator

簡単に子テーマが作れる便利なプラグインですが、とっても凝った親テーマの場合、このプラグインで単純には子テーマが作れない場合があります。

子テーマを有効化する

「外観」→「テーマ」にある、先ほど作成した子テーマを「有効」にします。

テーマをカスタマイズする

サイトをカスタマイズするには、子テーマ内に作成した「style.css」と「functions.php」を使います(記載します)。

SCSSを使って効率を上げる

「style.css」で普通にカスタマイズしても良いのですが、メンテナンス性、利便性を考えてscssを導入してみませんか?

子テーマのフォルダ内に新規ファイル「style.scss」を追加すればOKです。SCSSについては後日投稿します。

バージョン情報

  • WP 4.9.7
  • Child Theme Configurator 2018年7月21日現在、互換性有り
よかったらシェアお願いします

コメント

コメントする

INDEX
閉じる