Category
Archives
Cocotiie
Trial And Error!やってみよう!の精神でWeb制作をしています。初心者の方にも伝わるよう、心がけています。少しでも誰かの助けになれれば嬉しいです。宜しくお願い致します。

2006年:Web制作に関する覚書きブログをはじめる。

2018年:Cocotiie(ココッティー)として運営開始。
テーマをSWELLにしてリニューアルしました SWELLについて

[WooCommerce] 安価にECサイト作るなら、おすすめ

WooCommerce

WooCommerceは「日本語が不十分」「操作が重たい」と長年嫌煙していましたが、意外と良かったでのでご紹介します。

サーバーは、ロリポップLiteSpeedプランでサクサク動きました。

部分的に、ローカライズがイマイチの所あがるので、修正する必要がありますが、そんなに大変ではありません。

INDEX

WooCommerceはコスパが良い

どれも基本プログラムは無料です。

EC-Cube

中小企業にとってはコストがかかるので、事前の説明が不可欠です。

構築しずらく、プラグインは高額なのに、バージョンアップすると、買い直しをする必要があります。クライアントに説明がつきません。

Welcart

WordPressで使える点がEC-Cubeより楽なので、重宝しています。
以前は、テーマやプラグイン(少ないですが)が良心的な価格で助かっていましたが、最近は値上げが頻繁にあり、提案の最中に値上げしてしまったり、ちょっと困った感じです。

WooCommerce

世界中で利用されているので、プラグインが豊富です。サブスクも多いのですが、工夫次第で結構いけます。英語が殆どですが、情報も沢山ありますし、Chat GTPさんに聞けば、かなりカスタマイズできますね。

Wooが利用できるWordPressテーマは多数ありますが、私のお勧めはArkhe+Arkhe Wookit

お仕事で制作する場合は、Arkhe Blocks Pro/Arkhe Toolkit/Arkhe CSS EditorがセットになっているProパックが必要です。1年間アップデート出来ます。

Arkhe Blocksを合わせて使えば、コンテンツ制作も楽々です。

問題点

ローカライズがイマイチ。日本の文化に合わせた店側と顧客の距離感になっていないので、要修正。

ステータスの変更、自動メール送信が少々分かりにくいので慣れが必要です。

プラグイン

一緒に使うと便利なプラグインをご紹介します。3つ使用してもサクサク動きました。

Stock Manager for WooCommerce

バリエーション設定をした場合、一覧として表示できる、Stock Manager for WooCommerce がお勧めです。

Maintenance mode for WooCommerce

他のページは表示しておきたいけれど、ショップだけ見せたくない場合、Maintenance mode for WooCommerceを使えば、指定した固定ページを表示する事が出来ます。管理者だけはログインしている間も、ショップの確認が出来ます。

Password Protect WordPress – PPWP

「期間限定で会員だけ先に販売したい」という事がありました。有料であればいくつかあります。期間限定で使用したいだけなのでPassword Protect WordPress – PPWPを選択しました。

Password Protect WordPress – PPWPの無料版では、誰でも商品一覧は閲覧出来ます。チェックアウトページ(カートの中)に遷移する所でパスワードを要求されます。会員だけ事前に知らせたパスワードで購入頂けます。

よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント ※ハンドルネームでお願いします

コメントする

INDEX