[wordpress] ユーザー権限の種類と出来る事

Wordpress

WordPressで制作したサイトを複数の人で管理する場合があると思います。制作をして、何でも設定出来る人も居れば、投稿しかしない(出来ない)人も居るはず。制作した人からすると、知識が無い人に触られては困る部分もあるでしょうし、知識が無い人には分かりやすくしてあげた方が良いと思いますし、安全です。

WordPressでは、ユーザー毎に、出来る事を制限する機能(権限)が付いています。ザックリですが、ご紹介します。

何が変わるのか

例えば、管理者と編集者ではこの様に、使える権限の項目が変わります。

権限

権限の詳細

管理者
全てにおいて権限があります。設定など何でも出来る人です。ユーザーに権限を与えるのも管理者です。
編集者
他の人が書いた投稿を編集する事も出来ます。コメントの管理も出来ます。
投稿者
自分の投稿しか編集、投稿は出来ません。休業案内等のお知らせしか投稿しない、クライアントはこの権限が良いと思います。
寄稿者
自分で記事を書くことはできますが、下書き保存までしか出来ません。管理者、編集者に投稿をしてもらう必要があります。
購読者
自分のプロフィールの編集くらいしか出来ません。

権限別の投稿設定

管理者が各ユーザーに権限の設定をする訳ですが、ユーザーによっては、投稿が不慣れな場合もあります。各ユーザーでログインして、設定をしておいてあげると、親切ではないかと思います。
[wordpress]基礎編 投稿設定を使いやすくする で紹介しています。

[ユーザー]で背景色を変えたりしてあげるのもお勧めです

権限

参考サイト

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください