[wordpress]初心者でも出来る! ローカル環境にインストールする

ローカル環境

WordPressをカスタマイズするには、ローカル環境で作業するのが望ましいで、私の場合はXAMPPを使用してwordpressのカスタマイズをしています。本に少しは紹介されている場合もありますが、ざっくりとしか書かれていない事が多いのでご紹介します。

同様の内容を掲載したサイトは数多くあると思いますが、カスタマイズ編もシリーズで掲載したいと思っています。

XAMPPでローカル環境を作る

最近は、Local が人気なようですが、まだ試していないので今回はXAMPPの説明を書きます。

インストールの方法は、「初心者でも分かる! XAMPP ローカル環境」>>に書きましたのでご確認下さい。

データベースの設定 Php MyAdmin

1:XAMPPを起動し、Apacheの[Start]、MySQLの[Start]をゆっくり順にクリックします。

2:ブラウザから http://localhost/ にアクセスします。

xampp

3:Php MyAdminにログインします。(ユーザー名は「root」で、パスワードは空欄のままでOKです)

4:1-[NEW]をクリックし、2-任意の[データベース名]を入力します。例えば「cocotiie」など、サイト名などが良いと思います。そして、[照合順序]は、ドロップダウンの中から「utf8_general_ci」を選択して[作成]。

ローカル環境

wordpressの準備

最新版を 「日本-WordPress.org」 からダウンロードし、zipを解凍します。

xampp / htdocs /の中に解凍したwordpressをフォルダ毎コピーします。(フォルダ名は、そのままでも良いですが、私の場合はデータベース名と同じに書き換えます)

ローカル環境

wordpressをインストールする

1:http://localhost/フォルダ名 にアクセスし、「さぁ、はじめましょう!」をクリックします。

ローカル環境 2:必要事項を入力する

         
1-データベース名 先程作成した名前
2-ユーザー名 root
3-パスワード 空欄
4-ホスト名 localhostのままでOKです
5-テーブル接頭辞 そのままでOKです

[インストール実行]をクリック

ローカル環境

必要事項を入力します。

ローカル環境          
1-サイトのタイトル 任意のタイトル
2-ユーザー名 ログイン名、投稿者名として表示される名前
3-パスワード ログインパスワードとして使用
4-メールアドレス ローカル環境なので、使えませんがメールフォームに反映されます
5-検索エンジンでの表示 ローカルなので、どちらでも良いですが、私はチェックして完成して公開時に外しています。

[wordpressをインストール]をクリックすると、「成功しました!」と表示されます。

ログインして確認

先程入力した情報でログインしてみて下さい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください