[wordpress] メディアの整理 Media Library Folders

Media Library Folders

以前、[wordpress]メディアの整理 Media Library Assistant をご紹介しました。今回は、同様にメディアを整理する為のプラグイン Media Library Foldersをご紹介します。実は、Media Library Assistantと間違えてインストールしました。利点もあるので、ご紹介します。

新規でサイトを構築なさる方は、これから紹介するMedia Library Foldersの方が楽かもしれません。 現在稼働中のサイトの場合は、 [wordpress]メディアの整理 Media Library Assistant が良いと思います。

2つの違いについて

wordpressの画像ファイルは、「cocotiie.com/wp-content/uploads/2018/07/css.jpg」 こんな感じに年/月に分類されます。ちょっと探しにくいですよね。ブログとして使用する分には別に構わないのかもしれませんが、サイトとして商品写真などを分類したい時もあります。2種のプラグインは、それを使いやすく整頓する為のプラグインです。

以前紹介した[wordpress]メディアの整理 Media Library Assistantは、画像のURLはそのままです。付箋を貼るイメージです。稼働中のサイトで使用しても問題ありませんが、写真を個々に設定する必要があるります。

これから紹介するMedia Library Foldersは、フォルダが作られるので、eyecatch フォルダを作った場合は「cocotiie.com/wp-content/uploads/eyecatch/css.jpg 」となります。よって、過去に投稿した写真をフォルダ設定してしまうと、URLが変わる事により表示されなくなります。(修正するか、過去の投稿文は放って置く分には問題ありません。)

Media Library Foldersのインストール

[wordpress]基礎編 プラグインをインストールする を参考にして下さい。

任意のフォルダを作る

[Media Library Folders]を開きます。

1:[Add folder]をクリックし、任意のフォルダ名を入力し、createします。

Media Library Folders

フォルダに画像をアップロードする

2:フォルダを選択した状態で[Add file]をクリックします。

Media Library Folders

アップロードしたい写真をドラック&ドロップ!複数枚を選択してドロップできます。又は、ファイルを選択します。

最後に

便利なのですが・・・Media Library Foldersは[メディア]からフォルダの設定が出来ません。

なので、カタログサイトなど画像番号を付けていたりしている場合は使いやすいと思いますが、ブログの場合は [wordpress]メディアの整理 Media Library Assistantの方が便利だと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください