[wordpress] エディター内でショートコードを使う

ショートコード

WordPressに慣れてくると、” ココをこうしたい、利便性を向上させたい!” と思う様になると思います。エディター内でPHPが使えたら便利だと思いませんか?ショートコードを使えばPHPを使用する事が出来ます。ショートコードを使用する準備をご紹介します。

ショートコードとは

コードのかたまり(ページに書いたコード)をなど、短い記述で呼び出せるコードです。PHPを入力出来ない投稿や固定ページのエディター内で使用できるのが利点です。

ショートコードはどんな時に便利か

PHPを入力出来ない投稿や固定ページのエディター内利用できるので、あるカテゴリーの最新記事だけ表示したいとかも出来ます。PHPでなくても、投稿や固定ページに長々と書きたくない時。例えば、修正する必要が無い内容はショートコードで作って、編集して投稿を繰り返す様な部分は普通に書けば、見やすいと思います。ファイルの使いまわしも出来ますから修正も楽です。テーブル内の値を修正・更新する事が多々ある場合などは、可能な限りすっきりさせる見やすいと思います。

あまりやり過ぎるとファイルが増えてかえって管理しにくくなるのでご注意下さい。

ショートコードの設定方法

子テーマ内にファイルを入れるフォルダを作ります。一般的な例として「myphpfiles」とします。

function.phpに以下のコードを追加します。先ほどのmyphpfiles/$fike.php・・・・と先ほどのフォルダ名にします。

function my_php_Include($params = array()) {
    extract(shortcode_atts(array('file' => 'default'), $params));
    ob_start();
    include(STYLESHEETPATH . "/myphpfiles/$file.php");
    return ob_get_clean();
   }
   add_shortcode('myphp', 'my_php_Include');

エディターへの記載方法

エディターに「myphpfiles」に置いた呼び出したいphpファイル名を書きますが、拡張子(.php)は不要です。名前だけでOKです

[myphp file='ファイル名']

つまり、と、[カギカッコを含めて]書いた物がショートコードです。

ウィジェットエリアでショートコードを使う

こちらも便利なので、せひご参照下さい。 [wordpress] 「Widgetでショートコードを使う」

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください