[wordpress] 良く使うタグを登録 AddQuicktag プラグイン

wordpressに慣れてきたら、記事の見た目も良くしたいですよね?HTMLタグをその都度書くのって面倒ですし、ミスも出ますよね。

そこで、良く使うタグを登録する事が出来るAddQuicktagをお勧めします。登録してあれば、ボタン1つで挿入可能です。 タグだけでなく、ショートコードも登録すると便利ですよ!

インストールする

「プラグイン」からインストールして、「有効」

AddQuicktag

設定をする

「設定」→ 「AddQuicktag」を開きます。

AddQuicktag

クイックタグの追加と削除に登録します。

クイックタグの追加と削除 例えば、p タグを登録してみます。        
1: ボタン名 p (何でも良いです)
2: 開始タグ <p>
3:終了タグ </p>
4:全て選択 チェックを入れる。

入力が終わったら、「変更を保存」をクリックします。私はこれ、良く忘れます。

新規投稿を開くと「テキスト」「ビジュアル」共に先程のPが登録されました。

投稿画面

AddQuicktagの使い方

では、Pタグを使ってみましょう。

<p>で挟むには、まず文字を入力します。文字を選択し、[p]ボタンをクリック!

投稿画面

すると、<p>こんにちは</p> と入力されます。

AddQuicktagの便利な使い方

終了タグは必ずしも入力する必要はありません。

プラグインのショートコード [map addr=””] や、classだって、こんな風にも出来ます。class=”link_ico”

テーブルも丸ごと登録したり、幅広く活用出来ます。とにかく、良く使う物は登録すると便利です。

ロリポップでAddQuicktagが登録できない

ローカルでは登録できたのに、サーバーにアップしたら登録が出来なくなってしまいました。403 Errorです。

403 error

調べてみるとWAFという、セキュリティーソフトのせいらしいです。

ロリポップの管理画面に入り、[セキュリティー] →「WAF設定」で該当するサイトURLの[無効]ボタンを押して、5分~10分程 反映されるのを待ってから、再度設定をします。 終わったら、WAFの設定を有効にするのをお忘れなく。

設定を一度無効にすれば登録は出来ますが、反映されるまで50~10分あり、無効 → 作業 → 有効では危険な時間が結構あるので・・・もっと楽な方法もあります。

ローカルで構築しているのであれば、一旦 ローカルで登録して、ファイルをエクスポートして、サーバー側にインポートする事で作業がスムーズに出来ました。

AddQuicktagの設定画面の一番下に「エクスポートファイルのダウンロード」と「インポート」があります。

AddQuicktag ファイル

WAF関係で参考にさせて頂いたサイト

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください