[wordpress]Revive Old PostsでTwitterに自動投稿

Twitter

Revive Old Posts – Auto Post to Social Media という、ブログの記事をTwitterやFacebookなどのSNSに自動で配信してくれるプラグインを好奇心から使ってみました。ちょっと手さぐりで、簡単かと思いきや悪戦苦闘(笑)

以下、Twitterへの配信の手順です。

Twitterにログインしておく

ログインします。登録しているメールアドレスが有効か確認して下さい。

メールアドレスの確認

さらに、そのメールアドレスの設定を確認して下さい。私、ここで失敗しました。 「件名が英語のみの場合は受信しない」の設定にしていたので、後に受け取るTwitterからのメールは、全てが英語なので受け取れず、設定後に再送信しました。

プラグインをインストールする

「Revive Old Posts」で検索すると「Revive Old Posts – Auto Post to Social Media」が表示されるので、インストールし、有効にします。

 

方法は基礎編:プラグインをインストールするを見て下さいね!

Twitter APIを申請する

https://apps.twitter.com/へアクセスし、ページ右上の[Apply]をクリック。ログインしていない人は隣の[login]が先です。

ここで(?)ちょっとメモを忘れたのでタイミングが分かりませんが、電話番号を入力してSMS認証が必要です。

[Apply for a developer account]をクリック、[continue]もクリック

personal使用に✔、アカウント名を入力しJapanを選択

Twitter API

何に興味がありますか?の問いに答える。「Publish and curate Tweets」とかで良いと思います。300文字以上必須で、このTwitter APIを使って何をするのか?閲覧者に何を提供するのか?など。例題が出てくるので、何となく書けばOKですが、プラグインのTips >>の中に正解が書いてあり、コピペできます。最後に個人の方は「NO」選択して次に進みます。

Twitter API

規約は下までスクロールしないと、チェックボックスがアクティブになりません。両方に✔を入れて、[continue]

Twitter API

この画面が表示されれば、メールが送信されたという事なので、件名「Verify your Twitter Developer Account」メールを確認し、[Confirm your email]をクリックします。

Twitter API

承認されたら、「Create an app」をクリックします。

Twitter API

サイトの詳細を入力して[continue]

  • App name:アカウント名が分かりやすいと思います。
  • Application description:share my blog posts to Twitter
  • Website URL:blogのURL
  • Callback URLs:blogのURL/wp-admin/admin.php
  • Tell us how this app will be used:This app is for internal use,not public use. It allows my website to share posts to my Twitter account so my followers can engage with.(先程のTipsの8番にあります)

先程入力した内容が表示されます。[Keys and tokens]をクリックすると、「API key」と「API secret key」が表示されます。

Twitter API

Revive Old Postsを設定する

メニューのRevive Old PostsのDashboardを開き、[Add account]をクリック

Revive Old Posts

[Twitter]をクリックします。

Revive Old Post

Twitter API keyとAPI secret keyを要求されるので、入手した物をコピペします。

Revive Old Post

[連携アプリを認証]して完了です。

投稿を開始する

あれ?投稿されないなぁ?と思ったら、スタートさせていませんでした。(笑)Revive Old Postsページの右上[start sharing]をクリックして下さい。

Revive Old Posts

アイキャッチ付きで投稿する裏ワザ(?)

アイキャッチ付きでTwitterに投稿するには、Revive Old Postsの有料Pro版に申し込む必要がある様ですが・・・・

teitter

私の場合、Pro版ではないのに、なぜかアイキャッチが表示されていました。

SEO対策に、Yoast SEOプラグインを使用しているのが理由だったようです。設定の「ソーシャル」Twitterの所 「Twitterのメタデータを追加」がデフォルトで[有効]になっていて、「大きな画像つきのSummary」が選択されていたので、表示されている様です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください