[wordpress] MW WP Form カスタマイズ 2選

MW WP form

WordPresで使えるメールフォームの有名なプラグイン MW WP Form  いつも使わせて頂いています。ショートコードを使用して組み立てられるのでカスタマイズ性にも優れています。ショートコードとかフックとか意味が良く分からなくても基本の状態でも十分な機能が付いています。初心者でも大丈夫ですよ。

初心者でも使いたい!カスタマイズ2種を初心者にも分かりやすく書きます。お役にたてば嬉しいです。

MW WP Formの準備

プラグインをインストールします。
古い記事の 基礎編 プラグインをインストールするを参考にしてみて下さい。

有効にする事を忘れずに!フォームの作り方は沢山ネット上にあるので省略します。

バリデーションの文言を変える

必須事項の設定(バリデーション)機能を付ける事が出来ます。 どういう事かと言うと、「お名前」は必ず記入しないと困りますよね?設定しておけば、[送信]を押した際に「未入力です。」表示され、記入を促します。こんな感じ。 MW WP Form

「ご用件」の項目の文言が合わないので、「選択されていません。」に変えます。 MW WP Form

子テーマのfunction.phpファイルに以下のコードをペーストします。

function my_error_message( $error, $key, $rule ) {
    if ( $key === 'ご用件' && $rule === 'noempty' ) {
        return '選択されていません';
    }
    return $error;
}
add_filter( 'mwform_error_message_mw-wp-form-XXX', 'my_error_message', 10, 3 );
     
$key === ‘ご用件’ フォームのmwform_select name=”ご用件”の部分と同じにする
return ‘選択されていません’; 好きな文言にしてOK
mwform_error_message_mw-wp-form-XXX XXXの部分にフォームの識別子の番号を記入

郵便番号の入力で、住所を自動入力

MW WP Form
zipaddr-jpプラグインをインストール
郵便番号から住所を取得するプラグインです。方法は、古い記事の 基礎編 プラグインをインストールするを参考にしてみて下さい。
zipaddr-jpプラグインの設定
メニューからzipaddr-jpの設定画面を開いて、「placeholder上書(m:住所自動入力)」欄に表示したい文言を入力します。
zipaddr-jp

下記の例は、tableを使用したものなので、ご自身の状況に合わせて書き換えて下さい。

idについては、https://zipaddr2.com/wordpress/を参考にして下さい。

<th>郵便番号</th>
<td>[mwform_text name="郵便番号" id="zip"]</td>
</tr>
<tr>
<th>都道府県</th>
<td>[mwform_text name="都道府県" id="pref" ]</td>
</tr>
<tr>
<th>市区</th>
<td>[mwform_text name="市区" id="city" ]</td>
</tr>
<tr>
<th>以下住所</th>
<td>[mwform_text name="以下住所" id="addr" ]</td>
</tr>

MW WP Formのその他のカスタマイズ

新しく書きました。参考になれば嬉しいです。
[wordpress] MW WP Form 商品名を自動入力する
いろいろな使い方が出来ると思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください