Category
Archives
Cocotiie
2006年:Web制作に関する覚書きブログをはじめる。

2018年:Cocotiie(ココッティー)・・・ここちいい(笑)として運営開始。

Trial And Errorの精神で勉強中です。少しでも誰かの助けになれれば嬉しいです。宜しくお願い致します。
テーマをSWELLにしてリニューアルしましたSWELLについて

[illustrator] Illustrator に EPSを配置、リンクする

Photoshopで作ったEPS形式の画像データをIllustrator(イラストレーター)で読み込み手順をご紹介します。

INDEX

配置、リンクの違い

Illustratorに配置する方法は、リンクと配置(埋め込み)の2種類あります。
入稿する印刷会社によっては、指定がある場合がありますので、事前に確認が必要です。

リンク
EPSデータを読み込みます。Illustratorのデータ(.ai)が小さくて済みます。
ただ、リンク切れに気が付かないまま入稿してしまう可能性もあります。
配置(埋め込み)
EPSデータを埋め込みます。Illustratorのデータ(.ai)が大きくなります。
表示されなければ何か問題がある訳なので、分かりやすいです。

Illustratorの設定

リンク形式を選択する場合、Illustratorのファイル上にはプレビューとしてEPSの画像が表示されます。
その際の画像の質感をどうするかを設定します。

低画質(質感を落とす)と、画質がザラザラした感じになります。しかし、これはあくまでプレビューとしての質であり、実際はPhotoshopで作成した画質なので、低画質の設定をする事をお勧めします。ハイスペックなPCをお使いの方は必要ないかもしれませんが、カタログなど沢山の画像をリンクすると、ちょっと重く感じるかもしれません。

EPS 低画質

[編集] → [環境設定] → [ファイル管理・クリップボード]

ファイルの「リンクされたEPSに低解像度の表示用画像(プレビュー)を使用」にチケックをして保存します。

EPS

EPS画像をリンクする

Illustratorのデータ(.ai)と同じフォルダにEPSファイルを入れておくか、画像用フォルダを設け、その中に管理しておいて下さい。このルールをしっかりしないと、入稿後に「データが足りません」と連絡が来てしまいます(笑)

[ファイル] → [配置]で、EPSファイルを選択します。

「リンク」にチェックを入れます。

EPS

画像全体に大きくバツ X が付いて表示されれば、リンクの証しです。

EPS

EPS画像を配置する

[ファイル] → [配置]で、EPSファイルを選択します。

「配置」にチェックを入れます。

環境情報

  • Illustrator CS6
よかったらシェアお願いします

コメント

コメントする

INDEX
閉じる