Category
Archives
Cocotiie
2006年:Web制作に関する覚書きブログをはじめる。

2018年:Cocotiie(ココッティー)・・・ここちいい(笑)として運営開始。

2021年:インバウンド業界は復活の目途が立たず失業の危機!現実逃避でブログをSwellでリニューアル。

Trial And Errorの精神で勉強中です。少しでも誰かの助けになれれば嬉しいです。宜しくお願い致します。
テーマをSWELLにしてリニューアルしましたSWELLについて

[GitHub] 2 実践編 初心者向けに分かる様に

GitHub についての基礎を連載しています。
「[GitHub] 1 準備編 初心者向けに分かる様に」 で設定が終わったので、いよいよ基本となる使い方を練習してみましたのでご紹介します。間違えがあれば連絡頂けると有り難いです。

INDEX

リモートリポジトリの作成

リポジトリとは、格納フォルダの様な物です。サーバー上に作りたいので、まずはGitHubへログインし、[NEW]ボタンを押してください。

任意のフォルダ名を入力。公開設定をします。今回は誰ともシェアしない[private]とします。

リモートリポジトリ

URLは後で必要になります。

Git

ローカルリポジトリの作成

自分のPC内にGitで使うフォルダを作成します。PowerShellかコマンドプロンプトを起動します。

フォGit作成

例としてCドライブの「gitsample]という既存のフォルダ内に「test」というフォルダを作るとします。ディレクトリはC/gitsample/test となります。その中に.gitwoを作成します。

C:¥Users¥ユーザー名>

となっていると思います。以下、各行毎に[enter]を押してください。

cd C:/
c:¥mkdir gitsample
c:¥cd gitsample
c:¥gitsample mkdir test
c:¥gitsample git init 

フォルダ内に.gitが作成されます。

ファイルの作成とインデックス(登録)

「test」フォルダの中に何かファイルを作りましょう。例えば、happy.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Be happy</title>
</head>
<body>
  <h1>Hello,Hello,Hello!</h1>      
</body>
</html>

ローカルリポジトリにファイルをインデックス(登録)

happy.htmlが[test]フォルダの中にあるとはいえ、gitには認識されていないそうです。c:¥gitsample に居る状態なので、testフォルダまで移動してから、インデックスします。

c:¥gitsample cd test
c:¥gitsample¥test> git add happy.html

登録されたかどうかの確認。 git statusは確認したい時だけでOKです。必要なければ飛ばして構いません。

c:¥gitsample¥test>git status
Changes to be committed:
  (use "git rm --cached ..." to unstage)
        new file:   happy.html

ローカルリポジトリにファイルをコミット(保存)

保存します。-mはmemoのm?? “内にはコメントを書きます”

c:¥gitsample¥test>git commit -m "add new file"

[master (root-commit)XXXXX]and・・・・・と帰ってきます。確認したい場合はgit status

ローカルリポジトリをプッシュ(アップロード)

自分のGithubアカウントへアップロードします。Githubへログインし、アカウントの設定時に「あとで必要になるURL」と書いた部分をコピーして下さい。

Git
c:¥gitsample¥test>git remote add origin https://......../cocotiie-test.git

Pushしてアップロード

c:¥gitsample¥test>git push origin master

※ 初回のみ、GitHubアカウントのユーザー名とパスワードの入力を求められます。アカウント内を確認し、ファイルがあるか確認します。

GitHub

データの更新

happy.htmlを編集してみましょう。何でも良いので書き足し、保存。

c:¥gitsample¥test> git add happy.html
c:¥gitsample¥test>git commit -m"ver.1"

ver.1と書いた所は任意。メモ書きです

-a を付けるとファイルの差分を検出し、インデックス+コミットの作業が同時に出来ます。

c:¥gitsample¥test>git commit -am "my file"
c:¥gitsample¥test>git push origin master

でGitHub上の内容も書き換えられました。

Git

ファイルの削除

ローカルのファイルを削除します。

c:¥gitsample¥test>git rm sample.html

フォルダの中からファイルが消えたら

c:¥gitsample¥test>git push origin master

で、リモートのファイルも消えました。

フォルダの削除

リモートリポジトリを削除するには[setting]で操作します。

リモートリポジトリ

下までスクロールして、「Danger Zone」の[Delete this repository]をクリック

リモートリポジトリ

パスをコピペして[I understand the conequences, delete this repository]ボタンを押す。

削除

ローカルリポジトリの削除

どうやら、普通に.gitファイルと一緒に削除してしまって良い様です。

よかったらシェアお願いします

コメント

コメントする

INDEX
閉じる