[wordpress] UpdraftPlusで簡単 バックアップ

UpdraftPlus

WordPress本体やプラグインのアップデートの前にバックアップを取る事は必須の作業です。でも面倒ですよね。設定さえしてしまえば、後が楽な UpdraftPlus WordPress Backup Plugin をご紹介します。この例では、Google Driveにバックアップデータを保存する手順ですが、他にもDrop BoxやOne Driveなど様々な場所に保存する事が出来ます。

UpdraftPlusでバックアップを取っておけば、万が一アップデートで不具合が起きた際に簡単に復元できます。 注意点としては、Wordpress丸ごと壊れた際の再構築に不可欠な .htaccess と config.phpは保存されません。別途保存しておく事をお勧めします。

UpdraftPlusとは

WordPressのバックアップデータを設定した時間、または手動で必要に応じて取る事が出来るプラグインです。 無料版では、データベース、画像、プラグインとLanguageのバックアップファイルを作ります。

Google Driveとは

Googleアカウントを持っていれば無料で15GBまで利用できます。Googleアカウントって何?と言う方で、Gmailのアカウントを持っていればGoogleアカウントを持っているという事になります。他のストレージサービスに比べ、容量が大きいのでお勧めです。

UpdraftPlusをインストールする

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin をインストールし、有効にします。プラグインのインストール方法は、[wordpress]基礎編 プラグインをインストールする をご参照ください。

バックアップ

UpdraftPlusを有効にする

プラグインを有効にすると、Settingを紹介するダイアログが表示されます。確認しても構いませんが面倒であれば1:Xをクリックして終了する事も出来ます。そして、いざ 2;設定画面へ

UpdraftPlus

保存先の設定

今回はGoogle Driveを使います。3:設定画面へ

4: Google Driveを選択し、スクロールして[変更を保存]

UpdraftPlus

画面が暗くなり、オレンジ色のボックスが表示されます。5:リンクをクリックしてアカウントの選択へ

UpdraftPlus

6:自分のアカウントでログインします。7:クリックして終了します。

Googleアカウント バックアップ

これで、バックアップデータはGoogle Drive 内の[UpdraftPlus]フォルダ内に保存されます。フォルダ名の変更は無料プランでは出来ません。まぁ何とかなります。

複数のサイトを運営している場合(サブドメインを含む)[UpdraftPlus]1か所に保存される事になりますが、ファイル名に違いがあるので、自身でメモを取ると良いと思います。

お勧めの設定

設定画面を開き[エキスパート設定を表示]をクリックし、万が一に備えて、8:[Debug モード]にチェックを入れておきます。

UpdraftPlus

バックアップを取る

9:「バックアップ/復元」から 10:「[今すぐバックアップ]をクリック。

バックアップ

11:「[今すぐバックアップ]をクリックし、しばし待ちます。

バックアップ

バックアップデータの確認

Google Driveにバックアップデータがある事を確認。

Google Drive

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください