[WordPress]サイトの画像をWebP化する

WebP(ウエッピー)とはGoogleが開発し、推奨している圧縮率が高い画像のフォーマットの事だそうです。jpgやpngなどと同じ画像の軽い版でサイトの表示速度を速めるのに効果的だそうです。しかし、全てのブラウザで対応している訳ではないので、「WebP Converter for Media」 pluginでjpg等の一般的な画像との表示分をします。

wordpressのプラグイン WebP Converter for Media – Convert WebP & Optimize Images

WebPを使う利点

表示速度が速くなるので、SEO対策として有効です。

サイトが軽くなるので閲覧者への負荷が低くなります。

速度を知ろう

効果の有無を知る意味でGoogleでページ速度を測っておきましょう。PageSpeed Insights

WebP Converter for Mediaをインストール

[wordpress]基礎編 プラグインをインストールする をご参照下さい。

WebP Converter for Media からインストールし、有効化します。

WebP Converterの設定

メニューから「設定」→「WebP Converter」を選択し開きます。

デフォルトでも構わない様ですが、ディレクトリー(List of supported directories)だけ追加しました。 webp

圧縮率を選択します。後から変更も出来るので、デフォルトの85%から試してみるのも良いと思います。

webp

[Save changes]して確定

Convertする

ファイルの数にもよります時間がかかる場合がありますが、ウィンドウを閉じないでください。 プログレスバーが100%まで行ったら終了です。

この操作は、プラグインのインストール後に1回だけ実行すれば、新しい画像は自動的に変換されます。 直接画像をフォルダ内に追加した場合は、手動変換を開始する必要があります。

圧縮率を変更するなど、全ての画像をやり直したい場合は、「Force convert all images again」にチェックを入れます。

webp

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください