[wordpress] MW WP Form 返信設定 Reply-to設定

無料なのに、とっても高機能なMW WP Form のカスタマイズ方法の記事を以前書きました。「[wordpress] MW WP Form カスタマイズ 2選」設定については触れませんでしたが、しておいた方が良い” Reply-to ” の設定についてシェアします。

Reply-toって何??

受信したメールに返信してみて下さい。すると、メールをくれた人(返事を送りたい人)のアドレスが TO に入りますよね?そのアドレスの事です。

設定をしないと、どうなるのか?

受けたメールに返信すると、To の欄に、相手のアドレスではなく、自分アドレスが入力されます。使いにくいですよね?

詳しい仕組みは知りませんが、設定をしないと、スパムメールとして処理されてしまう可能性が高いそうです。送った、届いていないの大問題になってします可能性が出てきます。

MW WP Formでは、最近までReply-toの設定が出来ませんでした。現在でも未設定のままですと、同じ事が起きます。

管理者宛ての設定

サイト管理者が受信する問い合わせメールの設定です。reply-to に{メールアドレス}とする事で、受けたメールに「返信」すれば、Toの欄に相手のアドレスが入る様になります。

MW WP Form reply-to

自動返信の設定

問い合わせした方へ自動で送信される控えメールの設定です。reply-to に、サイト管理者のアドレスを入力する事で、「返信」した際にToの欄にサイト管理者のアドレスがが入る様になります。

MW WP Form reply-to

その他の便利な設定

どんなに頑張っても、メールの通知が自分の所に届く可能性は100%ではありません。 確認策として「問い合わせデータをデータベースに保存」にチェックを入れると、Wordpressの管理画面上で、メールの確認が出来ます。

MW WP Form

[MW WP Form] → [問い合わせ]の中に保管されます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください