[wordpress] ローカルからサーバー。プラグインで引っ越し

引っ越し

簡単に出来るwordpressの引っ越し方法をご紹介します。以前、ローカル環境(xamppなど)で制作した後の公開方法を[wordpress]初心者でも分かる!ローカルからサーバーへ 移植の方法 でご紹介しました。 ローカルからサーバーだけでなく、サーバーから他のサーバーへの引っ越しも同様の流れで作業をする必要があります。

さほど大きなサイトでなければ、難しい作業は抜きで簡単に引っ越し(サイトの複製)をする事が出来るプラグイン「All-in-One WP Migration」をご紹介します。

なかなか引っ越しが上手く行かなかった方へ、[All-in-One WP Migration] をお試しください。

All-in-One WP Migrationについて

ファイルをアップロードしたり、データベースを書き換えたり、難しい事をしなくても数回クリックするだけで全てが完了します。パスの書き換えもですよ!あっと言うかに完了です。嘘の様に全くの初心者でも楽々!

サイトを丸ごと上書きするので、旧サイトの情報が残ったままでも大丈夫です。古いデータは消えて無くなります。

準備をする

  • 移植先のサーバーにWordpressをインストールし、使える状態にしておきます。
  • 元のサイト、移植先、それぞれに[All-in-One WP Migration] プラグインをインストールします。

[wordpress]基礎編 プラグインをインストールする を参考にして下さい。[有効]にしたら、メニューに項目が追加されます。

WP 引っ越し

エクスポート

元のサイトの方を操作します。[エクスポート] → [エクスポート先] → 「ファイル」を選択し、保存します。ファイル以外は有料サービスのページが表示されます。

WP 引っ越し WP 引っ越し

拡張子が.wpressのファイルをダウンロードします。

インポート

インポート

移植先のWPを操作します。[インポート] → 先ほどの.wpressファイルをドラッグ&ドロップしますが、最大アップロードファイルサイズがあり、ファイルによってはこのままではインポートできません。

※なぜか、最大サイズが2MBだったり、8MBだったりします。基準が分からないです。

最大要領を増やすには

「最大アップロードファイルサイズを上げる方法」をクリックし、4番のリンクからファイルをダウンロードします。

インポート インポート

ファイルをダウンロードしたら、zipのままでOKです。[プラグイン] → [新規追加] → ページタイトル プラグインを追加の横にある、[プラグインのアップロード]から、インストールします。すると、先ほどの最大アップロードファイルサイズが512MBになっているはずです。

ファイルをドラッグ&ドロップして、ファイルをアップロードします。「バックアップを取る様」注意喚起が表示されますので、必要に応じて行って下さい。あとは、そのまま進めばあっと言う間に完了です。

ビックリでしょ?

GoDaddyで、何故かデータベースのインポート、パスの書き換えが全く上手くいきませんでした。通常の書き換えすらできません。何かがブロックしている様です。回避できたらお知らせします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください